看護師とはどのような仕事なのか - 正看護師と准看護師の生きる道

看護師とはどのような仕事なのか

私たちの生活の中でもきっとよく一般的に使うことがある「看護師」という言葉ですが、具体的にどんな職種のことを意味しているのでしょうか。
皆さんはこの点をしっかりと理解しておられますか。
少しここでは改めて看護師という仕事の内容を一緒に考えてみることにしましょう。

簡単に言うと看護師というのは患者の診療を補助したり、患者が入院生活を快適に過ごすことができるように日常生活のヘルプを行う仕事を指します。
現代では「チーム医療」というものが根付いていますので、医師の指示の元に患者をケアするわけですが、看護師にも専門的な知識とか技術が当然高いレベルで必要になってきます。
さらに医師よりも実際に患者と接する時間が長い仕事であるといえます。
ですから患者さんの心と体の両面をしっかりとサポートすることが必要になってくるのです。
そのようにして患者さんは病院で提供される医療行為を受け入れる準備ができ、最大限のメリットを受けるわけです。
長い間この看護師という仕事は医療に携わる仕事の中でも、もっとも喜びの多い仕事と表現されることが多かったのです。

ではこの看護師になるにはどんなことが必要なのでしょうか。
実はこの看護師に関しては「保健師助産師看護師法」という法律が存在するのです。
これによると看護師は厚生労働大臣からの免許を得て業務にあたることになります。
具体的にいうならば看護師になるためには、高校の看護科や看護学校での専門的な教育を受けて、その後に国家試験に合格することが求められるのです。
もちろん看護師にも正看護師と准看護師と呼ばれるものがあります。
ですからそのうちのどちらを目指すかによって、これは大きく異なってくるのです。
皆さんもこの仕事に興味があるのであればまずはしっかりと調査をしてみるのはいかがでしょうか。
最初は看護師への漠然とした憧れしかないかもしれませんが、そのうちに現実的な将来の仕事として考えることができるようになるでしょう。